「大阪府優良街頭防犯カメラシステムの性能及び設置運用基準」の一部改定について

  大阪府・大阪市・大阪府警の合意のもとに平成21年4月より3カ年計画で実施された「街頭犯罪発生件数ワーストワン返上作戦」の「街頭犯罪多発地域への防犯カメラなど設置補助事業」に対応するため、当協会の自主基準として「大阪府優良街頭防犯カメラシステムの性能及び設置・運用基準(平成21年6月)を示したところでありますが、本基準が参考とした「公益社団法人 日本防犯設備協会の優良防犯機器認定制度(RBSS)の基準」が、IP-IF対応ネットワーク防犯カメラシステムなどを包含するものに改定され、また、堺市等で「「防犯カメラ運用に関するガイドライン」が策定され、プライバシーに一層の配慮が必要であると判断されたことから、先般開かれた理事会で、本基準を別添「大阪府優良街頭防犯カメラシステムの性能及び設置・運用基準」のとおり一部を改定しましたのでお知らせします。

参照:「大阪府優良街頭防犯カメラシステムの性能及び設置運用基準」