大阪府警察の働きかけによって組織されたボランティア団体

TEL:06-6585-0061 お問い合わせフォーム

安全なまちづくりの支援事業

街頭防犯カメラの設置及び運用のアドバイス

≪制定の趣旨≫

最近、犯罪抑止効果を期待した街頭防犯カメラの設置が行われているが、具体的な基準がないため、映像が映っていなかったり、画像がぼけているため事後の捜査に活用できなかったり、個人のプライバシーとの関係で問題がある等その性能、設置及び運用のあり方が問題視されている。当協会として、(公社)日本防犯設備協会が優良防犯機器認定制度(RBSS)を基準とし、「大阪府優良街頭防犯カメラシステムの性能及び設置・運用基準(提案)」を示し、効果的な街頭防犯カメラの設置を促進し、犯罪抑止効果のみならず犯罪捜査等に役立つ鮮明な画像を得ることにより、安全なまちづくりに貢献するとともに、その運用にあたり個人のプライバシーが侵害されないよう最大の配慮をしようとするものである。

「大阪府優良街頭防犯カメラシステムの性能及び設置基準」のポイント

1 防犯カメラシステムの性能
  (1)防犯カメラの性能
防犯カメラ性能については、(公社)日本防犯設備協会の優良防犯機器認定制度(RBSS)が定める次の性能基準等に合致していること。
① カラーカメラ(デイナイト機能付)であること。 
② 有効画素数が38万画素、水平解像度を470TV本以上とし、鮮明な画像が得られること。
③ 現場に設置されたカメラでも、光学的に画角調整ができる機能を有する(焦点距離比2倍以上)こと。
④ 逆光を受ける設置環境での撮影の場合は、逆光補正機能を有すること。
⑤ 夜間の記録も可能とするため、低照度の環境にも対応できるようもデイナイト機能を有し、最低被写体照度が屋外で0.5ルックス以下に対応できること。できれば、赤外線照明を内蔵または外付けしていることが望ましい。
⑥ 屋外に設置する場合は、屋外用ハウジングに収容し、容易に破壊されない構造で、屋外での熱対策等の自然環境に耐える構造であること。
⑦ 使用する防犯カメラにカメラ用電源の供給が可能なものであること。停電から復電の時に、停電前の状態に復旧するものであること。
(2)デジタルレコーダの性能
① カメラから取得した画像は、録画装置(デジタルレコーダ)に自動的に録画するものとし、原則として、常時監視は行わないこと。
② NTBF(故障から次の故障までの平均的な間隔)が3万時間(3年5ヶ月)以上。5回の電源断に耐えること。
③ 画素数は、必要な水平解像度(約450TV本)が確保できるように640*240ドット(画素)以上とし、犯罪発生時の対処・追跡時に鮮明な画像が得られること。
④ 動きのあるシーンやカメラを横切る歩行者の状況を確実に再現するために、記録レートとして、全チャンネルが1秒4コマ以上の記録が可能であること。
⑤ 上記条件のもと、最低限1週間分以上の記録が可能な記録容量(ハードデイスク容量)を装備すること。
⑥ 映像保存期間の延長や記録密度・画質を向上するためにハードデイスクを増設できる手段を有すること。
⑦ 内蔵及び外部の時刻補正装置との連携等で、デジタルレコーダの日時と日本標準時との誤差が常に±30秒以内の精度を満足する日時修正機能を有すること。
⑧ ビデオロスやハードデスクの異常など機器の異常を通知する機能を有すること。
⑨ 防犯カメラから記録された画像については、USBメモリーなどの媒体で取り出し可能なもので、その閲覧についても、特殊なソフトのインストール等が必要なく、一般パソコン環境で閲覧可能なものとすること。なお、定められた以外の開示事由で閲覧できないように、管理者においてセキュリティ機能を付加するものとする。
⑩ デジタルレコーダを設置する場合は、鍵のかかる場所に設置し、画像の閲覧、機器等の盗難や紛失がないよう配慮すること。特に屋外に設置する場合は、鍵のかかる屋外用熱対策制御盤キャビネットに収納し、当該制御盤キャビネットは、直射日光による内部温度上昇を抑える構造であること。

▶PDF 「大阪府優良街頭防犯カメラシステムの性能及び設置・運用基準」

防犯灯(LED防犯灯)の普及・宣伝活動

「大阪府優良防犯街路灯の照明基準」のポイント

≪制定の趣旨≫

安全で安心して暮らせるまちづくりの一環として、最近、犯罪抑止効果を期待した街頭防犯カメラの設置が行われているが、一方、夜間における明るいまちづくりとして、防犯街路灯の設置が促進されている。特に、省エネとしてのLED照明灯への切り替えが進んでいる。(公社)日本防犯設備協会(以下「日防設」という。)でも防犯照明委員会が中心となって、防犯灯のRBSS化を含め照明基準などの具体的な検討が進められている。当協会としても、日防設と連携を図りながら、防犯街路灯の性能及び設置基準について検討を行い、優良防犯街路灯の性能及び設置基準を、府をはじめ市町村に提案し、効果のある防犯街路灯の設置を支援し、安全なまちづくりに貢献しようとするものである。
1 防犯街路灯の照度基準
ここで対象とする防犯街路灯は、犯罪や秩序違反の発生を防止することを目的として、不特定多数の人が自由に出入りできる道路、公園その他の公共空間に設置される防犯街路灯とする。 
防犯街路灯の照度基準については、警察庁が平成12年2月24日に国民が安心して暮らせる空間を確保するための一環として制定した「安全・安心まちづくり推進要綱」のなかで、道路、公園、駐車、駐輪場及公衆便所などの照度について定めがあり、これが基本となっている。
(1)道路 
① 夜間において人の行動を視認できるよう、光害にも注意しつつ防犯灯、街路灯等により必要な照明、平均水平面照度が概ね3ルックス以上を確保すること。 
② 道路が暗い場合で防犯灯、街路灯等の新増設が難しいときには、沿道住民の理解と協力を得て、門灯等の活用も検討すること。
なお、日防設は、防犯灯の照度基準として、次の基準を示している。

クラス 照明の効果 平均水平面照度 道路中心線上の鉛直面照度の最小値
A 4M先の歩行者の顔の概要が識別できる。 5ルックス 1ルックス以上
B 4M先の歩行者の挙動・姿勢などがわかる。 3ルックス 0.5ルックス以上

(2)公園
  ① 夜間において人の行動を視認できるよう、光害にも注意しつつ防犯灯、街路灯等により必要な照明、平均水平面照度が概ね3ルックス以上を確保すること。
  ② 照明が樹木に覆われたり汚損することにより必要な照度を維持できなくなる恐れがあるので、適時点検すること。
  ③ 公衆便所については、建物の入口付近及び内部において人の顔、行動を明確に識別できる程度以上の照明、平均水平面照度が概ね50ルックス以上(※)を確保すること。
   ※ 「人の顔、行動を明確に識別できる」ためには、10M先の人の顔及び行動が明確に識別でき、誰であるか明確に分かることを前提とするとことが必要である。
(3)駐車場・駐輪場
① 夜間において人の行動を視認できるよう、光害にも注意しつつ防犯灯、街路灯等により必要な照明、平均水平面照度が概ね3ルックス以上を確保すること。
なお、 駐車場法施行令第13条では、自動車の駐車の用に供する部分の面積が概ね500平米以上の建造物である路外駐車場の照明装置に関して、次のように規定している。
  自動車の車路の路面           10ルックス以上
  自動車の駐車の用に供する部分の床面   2ルックス以上
  ② 照明が樹木に覆われたり汚損することにより必要な照度を維持できなくなる恐れがあるので、適時点検すること。
                                        以上

▶PDF 「大阪府優良防犯街路灯の照明基準」